FC2ブログ
2010
12.03

「捨て」の季節?

年末といえば大掃除

年末になってバタバタしないように・・・とぼちぼち始めてるんですが
・・・あまり変わり映えしないなぁ・・

最近幼稚園のママ友との間で
断捨離
なるものが話題になっています。

とにかく「捨てる」
「この服、まだ着れるかも」
「これ、まだ使えるかも」
と思いつつ、ぜ~~んぜん使わずにスペースばかりとっているものを、思い切って捨ててしまおう・・・という、書いてみると「なんだ、簡単なことね」と思えるようなことらしい。

ところが、ところが・・・
「捨てる」ということは、すごく罪悪感があるんですよね。

でも、断捨離やりましょ~よ!!ムードに乗せられて、私もちょこちょこと物の整理を始めました。

で、魔窟となっている我が家の書庫兼物置部屋で本棚を眺めていると

PHP増刊号
時間を工夫してテキパキ家事術
時間とお金の簡単ムダなし活用術


なんてタイトルの冊子を発見
発行は2004年

中身を見てみると・・・・・

辰巳 渚さんが記事を書かれていました。
「捨てる技術!!」
という本で大ブレイクした、マーケティングプランナーの方です。

「捨てる技術!!」を身につける極意は・・・
①「とりあえずとっておく」は禁句
②「仮に」は駄目。「今」決める
③「いつか」なんてこない
④「他人のとっても便利」は「私の邪魔」
⑤「聖域」を作らない
⑥持っているものはどんどん使う
⑦収納法・整理法で、解決しようと思わない
⑧「これは捨てられるのでは」と考えてみる
⑨完璧を目指さない

「片付かない」というのは、人を悩ませる永遠のテーマなのでしょうか?
6年前にも「捨て技術」指南が書かれているとは・・・

さて、捨てる技術の極意はいかがでしょうか?
①、②、③、⑦・・・
私にまるっと当てはまる。

「後で」「いつか」
これって何か始めようというときに、頭に浮かんできがちなフレーズのような気がする。
物があふれてくると、収納場所を確保して、何とかおさめようとしてしまう。
洋服やおもちゃ
いやいや・・・
一番これに当てはまっているのは私のハンドメイドの資材か・・・

あふれかえるものを何とかしようとすると、ため息ばかり出てくるけど
今日は、この極意を思い出して
穴があいて、あちこちカギザギになっているのを発見したダウンコート
シミと毛玉があちこち気になっていたけど、いただきもので捨てるのに躊躇していた毛糸玉
を処分してみました。

それだけじゃ、すっきり空間にはならないけど、
ゴミの収集日に合わせて少しずつやって行くと
いつかはすっきりするかしら?

あ、「いつか」も禁句か?

断捨離
興味のある方はご覧ください

★断捨離の本色々★


ランキング参加中
「お?がんばってるな?」と思ってくださった方、
応援ポチっとよろしくお願いします

↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド雑貨へ
にほんブログ村






関連記事

トラックバックURL
http://happy.zakkahb.com/tb.php/1028-cda5f215
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top