FC2ブログ
2011
07.08

フラワーレメディ

花って、癒しの力がありますよね。

姿を見て癒される
香りで癒される

その色や形、香りの組み合わせは無限大
カラーセラピー
アロマセラピー
様々なものに取り入れられてます。

そして、今回レビューブログさんから紹介された
バッチフラワーレメディ


花のエッセンスを使って、体の中から心のバランスを整える花療法で、イギリスのエドワード・バッチ博士(医師・細菌学者・病理学者)が考案した療法なのだそうです。

香りや視覚に癒しを求めるのではなく、フラワーエッセンス(花の持つエネルギーが転写されたエッセンス)を体内に取り入れることで、ストレスなどにより生じた、不安、否定的な感情といった心のバランスの乱れを調整し、癒してくれるというもの。

効果には個人差があるけれど、その時の気持ちにあったレメディを使うことで、本来の姿、自分らしさを感じることができるようになるのだとか・・・

特定の感情や精神状態に効果的と完成されたバッチフラワーは38種類

例えば、今の私に必要かな?と思うものは・・・

ホーンビーム(決意)
朝起きてもヤル気が出ない時や精神的に疲労感を感じている場合にお勧め。頭をモヤモヤした状態からスッキリと爽やかにし、活力がよみがえり、一見無理だと思えるようなことにも立ち向かっていけるようになる

スクレランサス(決断力)
揺れ動きやすい気持ちを安定させることで、集中力が高め、素早い決断ができるように手助け。

ビーチ(寛容)
人の良いところが見え、人に対して優しい気持ちを持てるように手助け。 他人に厳しいという自覚があるなら、もっと優しい人になれるはず。

セラトー(指針)
豊富な知識をもっていてもそれを活かすことができず、自分の考えに自信が無いに効果的。自分の考えに自信が持て、好奇心や学習意欲が増加。

こういった、個別の感情・状況だけでなく、安眠を即すレメディや、寂しさ、不安、他者への過敏な反応を和らげる・・・など、様々な状況に応じて、タイプ別に選ぶことができるのです。

実は、私、チビの出産後、自分で「不安定だなぁ・・」と感じることがあって、レスキューレメディを使っていたことがありました。

世界で最もよく使われているバッチフラワーレメディで、事故や怪我などの緊急用レメディに使われることが多いようです。緊張する場面や心を乱される場面にも効果があるし、私の場合は、落ち着いた平静な状態の自分がほしくて使っていました。
薬じゃないので、副作用がないし、習慣性もない。他の薬とがっちゃんこしない。
スポイトでポツポツと数滴口に落とすだけなので、簡単に摂れる。
授乳期にも使えたのがよかったです。

・・・・で・・・
いつの間にか使わなくなって、存在を忘れてしまっていましたが、レスキューレメディを使って、意識することなくその状況から抜け出せたようですね。

レビューブログさんから、このバッチフラワーレメディを紹介されるまで、すっかり忘れてました。

忘れたまま過ごせていたのは、私が安定した状況だったから?
いやいや、レスキューレメディを使っていたときほどじゃなくても、
オニイチャンの受験のときにイライラしてたのは見逃せない事実だし、
チビはどんどん生意気に??なっていくし(それもかわいいのだけど)
チイニィも甘えてるんだか反抗してるんだかよくわからないティーンエイジャーだし

なにより、これから夏、暑いうえに夏休みだし(いや、暑いから夏休みなんだけど)

ダメダ~~~
と思い始めたら、バッチフラワーレメディを思いだそう!!

 ⇒ バッチフラワーレメディ


ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
関連記事

トラックバックURL
http://happy.zakkahb.com/tb.php/1203-3f4862ad
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top