FC2ブログ
2008
01.12

エジソンの母 第1話

Category: TV
面白いなんの予備知識もなく見たけれど、とにかく面白い。

エジソンは学習障害だっただろう・・というのは有名な話。
なんせ、小学校を退学になるほどの困ったチャンで、でも、母親の教育と周りの環境で、その才能を開化することができた。

・・・晩年のエジソンはお金にしわく、変人だったらしいけれども…

このドラマもタイトルからして一風変わった子どもが登場するのは予測できた。
ドラマは主にその変った児童1年生の花房賢人の担任規子の視線で進んでいく。

婚約者美浦から「おもしろくない」という理由で別れ話を出されたこの担任。
ごくごく一般的な常識的な女性だ。(名前からして真面目そうな…)(婚約者美浦は学者でかなり多角的な考え方をする)

この常識的な人のクラスに入ってきた花房賢人
この児童がとんでもない不思議ちゃんだったところから話は始まるのだが・・・

客観的に見ると、賢人は非常に利口で将来が楽しみだ。
物の見方が人とは違うけれど、思考力がすごい
自分が「どうして?」と思うことについて自分が「どうして『どうして?』と思うのか」というのをちゃんと話せるのだ。

「うそつき」と言われて「その通りです」と答えるところなんかは、その思考が「哲学」の域に達している・・と行っても過言ではなく。

この賢人のおかげで学級運営は崩壊していく。
毎日振り回され、気持ちがハチャメチャになる規子
美浦の元に「わけのわからない理由で別れるなんてできない」と話しに行ったのに話はなぜか賢人のことに。

賢人の話を興味深く聞く美浦に、爆発して怒りまくる規子
そしてその規子「おもしろい!!」と喜ぶ美浦
母親は十分賢人の状況を分かっていて、それでもどうしても事情で普通学級に通わせるしかなく・・・
どこからも板挟みになる規子は少し気の毒だ。

これからは、他の保護者が大きくかかわってきて、学校でこういう変わった子が生活することの大変さ・無理さがはっきりとストーリーに出てくるんだろうけれど…

実は、うちの子も不思議ちゃんだ。
ほかの児童に迷惑をかけることはないし、日常の授業で「それはだめでしょ」と思うことも少なくなった。
でも、自分の世界を作りだし、興味のあることには周りに関係なく黙々と取り組み、たぶん「変わってる子」だと思う。

低学年の時には心配だったなぁ。
せめて周りに迷惑をかけないように・・と願うばかりだったけど、その反面「こんなにすごいところがあるんだから、それを伸ばしてあげたい」なんて親ばかな思いもあって。

これからの登場人物の心の動きに注目したい・・です。

斉藤さんに続き、子役の演技が楽しみなドラマです。

 エジソンの母 ドラマHP 









関連記事

トラックバックURL
http://happy.zakkahb.com/tb.php/138-15ec9e5e
トラックバック
コメント
見たことは無いですが、記事を見ているとアスペルガーの話のようですね。
診断を受けた事はまだ無いですが、多分俺もその一人。
世間が単にそう言う人間を変人扱いして特別学級と言う名の隔離病棟にぶち込むのではなく、彼らには他の人間に絶対に真似できないそれぞれの才能があるのだから、そこを伸ばせるような環境を学校だけに限らず社会全体で作って欲しいですね。
俺も職場転々としたけど、結局変人扱いされるだけで、異物は排除する機構の対象になったし。
凡人が出来ない事を多数できるんだったらそれを優遇すべきだと思います。
まぁ、一応現時点ではより広い世間からの「正確な認識」を望みますがね。
それ以上しろって言っても無理だろうから。
哲人27号dot 2008.01.12 18:49 | 編集
哲人27号さん

アスペルガー、診断は受けていなくても「そうかも」という人は多いはず。
昔だったら、「ちょっと変わった子」だったのが、今では問題児視されることが多くなっているのが現状だと思います。
このドラマで、その多数の人間についての正しい認識が広まれば・・と思いますね。
ぶらんちdot 2008.01.12 22:26 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top