FC2ブログ
2008
01.24

装道

装道  ・・・って初めて聞く言葉だったんです。恥ずかしながら。
「装」「よそおう」
生活の中で祖母から母へ、母から娘へと、装いの技や、術や、礼儀作法まで、日常的に、改めて意識することがないほどに自然に伝わってきたのが本来の姿でした。

でも、洋装文化が入ってきてから、日本の装いとそれにまつわる日常の文化やしきたりが失われつつありますよね。
それは、現代っ子として今まで生活してきた私でも「ヤバイんじゃない?」と感じるほど。

装道は、日本古来の装いの中に理想的な美しい生き方が出来る「愛と美と礼と和」の智慧があり、着物を装うことで人間的な教養を高めよう・・という哲学なのです。

そういえば、私の友人にもきものをピシッと着る方がいて、着付けをお仕事にもされていますが、とてもおおらかな反面、心配りのできる素敵な方です。
その人と一緒に過ごす時間は、何となく気持ちにゆとりのできる時間でした。
どんなに忙しくて「ウワ~~~」とパニックになりそうでも、その人のちょっとした発言でテンションがす~~っと平静に戻るのです。

そうか、日頃から和装をたしなんで、「愛と美と礼と和」の心が自然に身についている人だったのか・・・

この装道を提唱しているのは装道礼法きもの学院
着付け指導だけでなく、日本の伝統文化であるきものを普及・継承していくためにさまざまな活動をおこなっています。その中には、日本の文化を伝える国際的な文化交流も。

きものという自分の国の後世に残していきたい文化、大切にしたいものですよね。



関連記事

トラックバックURL
http://happy.zakkahb.com/tb.php/156-ab60aaee
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top