FC2ブログ
2008
02.01

ライラの冒険 黄金の羅針盤

『ライラの冒険 黄金の羅針盤』 3/1(土)全国ロードショー

          

児童文学界のアカデミー賞カーネギー賞
70年もの歴史のあるこの賞の1位に輝いたのが『ライラの冒険』3部作

ダイモン(守護精霊)と共に生きる世界に住む、12歳の少女ライラの冒険の物語。
ダイモンは、人間の心の奥底の魂が肉体の外にあらわれたもので、いわば自分の分身

その世界は、どんなものなのか?
私はまだ読んだことがありません。

この世界中の人々に読み継がれている物語が映画化され、近日公開されます。

公開に合わせて『ライラの冒険』オリジナル ダイモンブログパーツが登場しました。
自分のダイモンが、同じダイモンを探しにブログ上を冒険しに出かけます。
31種類ものダイモンのなかで、自分にぴったりあうダイモンは1種類だけ。

私はRemis



診断によると…
柔らかい口調で、リーダー格。謙虚。孤独。のんき・・らしいです。ちょっとさみしい感じが・・・

ダイモンブログパーツを、ホームページやブログに貼付ければ、同じダイモンが貼られているみなさんのサイトを次々と旅できます。
自分と同じダイモンをもった人は、どんな人!?
あなたのブログにも新たな訪問者が来るかも?!
さぁ、ダイモンと一緒にブログ上を冒険しよう!
ブログシールを貼った人1022名に、金貨、K18ジュエリー、六面立体パズル、ダイモンバッジのプレゼントがあるらしい・・・デス。


最近、昔から読みつかれてきた物語が映画化されることが多くなった。

昔見たネバーエンディングストーリー
特撮(SFX)のすごさに圧倒されながら見たものですが、
今は、CGがある。
だから、ファンタジーの世界も映像化しやすくなったのかも。

ただ、物語は読む人の頭や心の中でいろいろな描き方がある。
さて、愛読者の目にこの『ライラの冒険 黄金の羅針盤』はどう映るのかな?

関連記事

トラックバックURL
http://happy.zakkahb.com/tb.php/166-da40c16d
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top