2013
11.04

生命保険活用術

保険、月々どれくらい支払っていますか?

うちの場合

オットの生命保険・がん保険
教育保険
子どもたちそれぞれに共済
私の共済


全部合わせると、月々の支払いは4万円を超えます。
うちはこれを18年近く支払っているので、その総額は

864万円!!!!!

え~~~!!そんなに?って思いますが、この金額は大体平均的なものらしいです。

保険って、つくづく高額ですよね。

ところで・・・
保険に入るきっかけって何でしたか?

オットの場合は、会社に来る生保レディからだと思います。
教育保険も担当の生保レディさんからの紹介で入りました。
共済は、利用しやすいものを私がチョイスしました。

そんな我が家の事情を知っているかのようにレビューブログさんのモニターに当選しました。
モニター商品はスマホアプリ
亀甲来良「あなたは生命保険で損をしている?」
※kindleで購入できます。

保険って、一度加入したら変更しにくいと感じていました。
一度保険の内容を見直して別商品に変えたときに、下取り金額がものすごく安かったので、「続けなきゃ損」な気がしたのです。
掛け捨てタイプのものであれば変更しやすく感じるけれど、加入時年齢によって保険の金額が変わったり、やっぱり一度決めたら変更しにくい・・って思っていました。

でも、「あなたは生命保険で損をしている?」を読んで、目からうろこ的にハッとしたのは
同等商品でも、保険会社によって価格設定が違う
・・・ということ。

そうなんだ?!

こっちの保険会社では月々15000円の商品が、あっちの保険会社では12000円かもしれない。
月々3000円の違いだけど、年間36000円、10年だと360000円

なんという大きな違い

保険も内容と価格をしっかりと比較して選べば、かなりお得なんですね。

今我が家では、保険の見直しの時期に入っています。
確か、夫の生命保険の金額は、段階的に上がっていくし、その時期がもうすぐだし、マイホーム購入したり、オニイチャンが18歳になるし・・・

うちのライフスタイルは、あと数年もすると大きく変化します。
オニイチャン、チイニィが、子どもカテゴリじゃなくなって、順調にいけば大学進学。家計の中の教育費が大きな割合を占めるようになる。
そこから数年すると、今度は社会人となり自立し、大きな保障の必要がなくなってくる。
あとは老後に向けて、チビの保障の確保と私たち夫婦の生活資金の確保が必要になってくる。

書き出してみると、我が家に必要な保険が見えてくるような気がするけれど、具体的にどんな保険があるかは全くわかりません。

自分の手で情報を入手すること、その中から自分に合った保険を選ぶこと、素人には難しいです。

そこで登場するのが生命保険コンサルタント
多岐にわたる様々な保険会社の商品の知識を持ち合わせている代理人です。

専門家に相談してみようかな?と思う今日この頃。
消費者の立場に立った提案をしてくれる代理店に出会えればいいな・・・と思います。







関連記事

トラックバックURL
http://happy.zakkahb.com/tb.php/1740-e9cdc6db
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top