FC2ブログ
2008
02.28

斉藤さん

Category: TV
常々思っていること。
「先生」と呼ばれる職業は大変だ。(保育園や幼稚園学校の先生であって、議員や弁護士ではない)

特に、保育園や幼稚園は「子どもが好き」と目指した人がその職についている場合が多いかも。
でも、実際におもりが大変なのは、その親たちでは?と思う。

今は情報が氾濫している時代。
育児や教育、安全に関しても、情報をたくさん持っている親が多い。

先生が「こうなんですよ」といっても、まずは疑ってかかってみたり、「わが子を信じることが大切です」と何かに理想の育児が書かれていあtら、「わが子を信じる=わが子の言うことを鵜呑みにする」わが子だけかわいい親も出現する。

どこかで誰かが遊具でけがをすれば、「みてなかった先生の責任」「危険な遊具は即撤去」となる。
「即撤去」の理由って、本当に「子どもに危険なものだから」なんだろうか?
現実に起こっている「遊具撤去」
本当は「事故が起こってクレームが来るのが煩わしいから」じゃないのかな?

遊具については賛否両論だと思うけど、私は「こういう使い方をしたら危険」ということは、日頃それを使って遊んでいないと、子供は理解できないんじゃないかなぁ・・と思う。
ブランコは立ちこぎ(楽しいので、子供はやる)はバランスを崩すと危ない・・とか、人が乗ってるブランコのそばを通っちゃいけない。ぶつかる(私、ぶつかって頭切りました)・・滑り台の上でふざけては危ない・・とか、ジャングルジムは落ちることもある・・とか。
シーソーは、動いている時に軸の部分に手を突っ込むと大けがする・・とか、箱形ブランコはブランコの下に入ってはいけない・・とか。
子どもが遊具を体験し、それに親が手を貸すことによって覚えられることなんじゃないかな?
私も経験があるけれど、多少体を使って経験するからこそ、危ないということがわかるし、体を使った楽しさもわかるのだ。

これは斉藤さんに全面同意だ。
三上さんも何か言いたそうな顔をしていたので、本音は同様なんじゃないかな?
ただ「多数意見も大切に」という人なので、他の親の意見におもねることになったのだと思うけど。
実際文句だらけのグループのみんなに同意を求められていなしてるし。(これには皆不服そうだった・・・)

何かというと「これは言っておかなくちゃ」と先生に何でもかんでもクレームをいう親たちの犠牲者は佐原先生だ。
もともとは子供のために情熱があって子どものために親に意見することを厭わない先生だったのに・・いつから面倒に感じるようになったんだろう。
口先だけ謝るのは、慣れたら楽になる。言っても文句が帰ってくるだけなら、いっそその方が楽だったんだろうな。

そりゃ、なにかあると喧々囂々と言ってくる親のことを影で愚痴りたくなる気持ちもわからないではない。多くの人に経験があることだろう・・
けれど、わが子を預けている親にとっては、捨て置けないことなんだよね。
「先生だって愚痴りたくなることもある」と斉藤さんのように笑って済ませられない。特に言われた本人は。

もう一つ、斉藤さんに向かって「そうなんだよ、そこんところ、もっと大きな声で言ってよ!!」と思ったのが「子どもの前でそういう話をしない」ということ。
この「そういう話」は「先生批判」

「学級崩壊」という言葉が出てもう久しいですが、私はこのことの一因に「親が子供の前で教師批判をする」ことにあると思うのです。
親が子供の前で教師の愚痴や悪口を言う。低年齢の子どもにとって、親の言うことが絶対・・ということが多い。親がそういう目で教師を見ていることがわかると、子供も教師をなめてかかる。そして、自分にいやなことがあった時に親に言う。すると、もともと教師にいいイメージを持っていない親はわが子の言い分をまるごと信じてしまう・・という失敗を起こしかねない。で、教師にクレームを入れ、その対応によっては小さな出来事がねじくれて大事件に発展する。

事なかれ主義の教師学校であれば、そのクレームを穏便に処理することになり、その親子の言い分は通ることになるかも。
・・・そして、教師をなめきった生徒と、モンスターペアレントの誕生・・となるわけ。

教師のやることに疑問があっても、子供に言ってはなりません。
直接先生に確かめましょう。
子どもが教師に対する不満を漏らしたとき、子供に同調せず、冷静に事実関係を確かめましょう。
それが子供のため、自分のため、他の児童のためになるのです。


話は斉藤さんに戻って・・・
斉藤さんが直球でぶつかったことで、佐原先生はちゃんと自分の本音を語り、今回のことは雨降って地固まる。

紛失したアルバム写真のこと以外は…

柳川夫婦に不穏な動き・・・
そして、三上さんもグループから孤立し…?

来週も見逃せません。

 斉藤さん ドラマHP 
関連記事

トラックバックURL
http://happy.zakkahb.com/tb.php/183-5cc0d745
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top