FC2ブログ
2008
03.05

斉藤さん

Category: TV
もし、知り合いの(懇意にしている)旦那様が贈収賄にかかわっているかも・・としたら、どうしますか?

少なくとも、手のひらを返したように付き合いを変える・・ということはないと思うな。
それまで積み上げたお互いの関係があるわけで、心地よい付き合いで続いてきたのなら、自分の見る目を信じると思う。

主婦になって久しいけれど、肩書きがなくなったときにはなんだかうっすらさみしい気がした。
と同時に、自分は自分で勝負しなくちゃな・・とも思ったのでした。

学生のときには、付き合いは学生同士。
就職すれば、会社の中の付き合い。年齢に幅はあるものの、「同じ会社の社員同士」
なんとなくつながっていられるものなのだと思う。

でも、主婦の世界って
年齢はばらばら
経歴もばらばら


何かのきっかけで知り合って、話すうちに「人となり」が見えてきて、長く付き合っていける人かどうか、やっとわかる。

「母親」である場合、そのきっかけの多くが、
子どもを連れていった公園だったり、
入園した幼稚園だったり、
入学した小学校だったり…

子どもが絡むので↑に書いた「自分で勝負」とはいかないけれど、やっぱり「その人がどういう人なのか」というのを自分でちゃんとみなければ・・と思う。
どこでも「噂話」は避けられないので、自分の知らない情報が勝手に耳に入ってくるもんなぁ・・
妙な先入観を持ってしまうと、自分がしんどい・・と思うのでした。
信じるのは、自分の目、自分の感覚。これが大事。

今回の斉藤さん、夫は「誇張されてるけどさ、こういう感じじゃないの?」と言っていた。
大人になると濃い友人関係ってなかなか結べないけれど、手のひら返すようなお付き合いって、したくないよなぁ・・と感じたのでした。

柳川夫人・・
「相談できる友達もいなくて・・」と不安そうに三上さんに頼って、自分の普段の付き合い方を反省してるのかなぁ・・と思ったら、
柳川君を送ってきた友達楢原を見下す冷たい目・・・
人間を選別するような目つきはゾゾゾ~~っとしました。

今回は特に三上さんに尊敬の念を覚えました。
周りが自分をどう見ているか、よく承知していて、それでも毅然としているところ。
斉藤さんに対するいい方はうなずけないけれど、今まで一緒にいた人たちに「私は何も変わってないわ。」と言い切るその強さ。
自分の言動にきちんと責任をとってきた、とっていると自信を持っているその姿、「私もこういう信念を持ちたい」と思ったのでした。

・・そして、斉藤さんの微妙な変化にも気付いて声をかける・・
大人だなぁ・・

斉藤さんがちょっぴり青く見えた今週でした。

さて、次回は・・
南アに引っ越しか?

 斉藤さん ドラマHP 
関連記事

トラックバックURL
http://happy.zakkahb.com/tb.php/189-0683f441
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top